酵素がはたす身体への役割

MENU

酵素がはたす身体への役割

まず初めに酵素とはなにかですが、いわゆるコレはたんぱく質の一種であり、体内の消化や吸収の手助けをする物質なのです。
この酵素がなければ、身体に蓄積された食べ物を分解出来ず排泄が困難になる可能性もあるのです。
ではその消化酵素の種類についてですが、主に誰もが一度は耳にしたことのあるものを書いてみましょう。

 

唾液アミラーゼ(でんぷんの分解)、リパーゼ(脂肪の分解)。どうですか。おそらくどういったものが消化酵素か理解できたと思います。
そしてこういった物質は歳を重ねるごとに、少なくなってしまいます。
ですので、その不足気味の酵素を納豆やひじき、豆腐や野菜、魚、肉、果物などで補充する必要があるのです。

 

こういったものを摂取することで体内の環境をクリーンにし、身体の健康状態を保ちつつダイエットすることが出来るのです。