酵素とは

MENU

酵素はタンパク質の一種で、生命活動の源であり必要不可欠の存在です。
食べ物の消化や吸収、新陳代謝等、身体の働きになくてはならない物質で、野菜・果物・植物等のさまざまなものに含まれています。

 

中でも重要なのが、食べたものをエネルギーに変える働きで、様々な栄養素に消化・分解され、身体に取り込まれます。

 

酵素が不足する事により、消化不良、肌の不調等の体調の変化が現れるだけでなく、
酵素量は20歳前後から少しずつ減少し、40歳を過ぎると不足気味となります。

 

納豆や味噌等の発酵食品や生の食材に多く含まれており、不足を食事で補う必要がありますが、熱に弱く、70度以上加熱すると働きが弱くなります。
その為、普通に食事をしていても摂取出来る量は少ない為、サプリメントやドリンクで補うのが手軽です。

 

また、酵素は、消化や代謝を促進する事から、ダイエットや美肌等の効果があるといわれています。